• 多文化共生社会の構想
  • 外国の移民政策
  • 研究活動
  • プロフィール

大学・研究所

日本における外国の移民政策研究機関

 

日本労働研究・研修機構:「欧州における外国人労働者受入れ制度と社会統合―独・仏・英・伊・蘭5ヵ国比較調査―」(2006年)、「アジアにおける外国人労働者受入れ制度と実態」(2007年)、「諸外国の外国人労働者受入れ制度と実態 2008」(2008年)、「アメリカの外国人労働者受入れ制度と実態― 諸外国の外国人労働者受入れ制度と実態 2009 ―」(2009年)、「アジア諸国における高度外国人材の就職意識と活用実態に関する調査報告書」(2010年)、「諸外国における高度人材を中心とした外国人労働者受入れ政策-デンマーク、フランス、ドイツ、イギリス、EU、アメリカ、韓国、シンガポール比較調査」(2013年)

 

国立国会図書館「外国の立法
2008年:「英国の新入国管理制度-移民の階層化と点数評価の導入」
2009年:「イタリアの移民法」、「【オーストラリア】最近の移民政策をめぐる動向」、「【韓国】外国人労働者の現在-雇用許可制の現状と評価
2010年:「【韓国】永住外国人への地方参政権付与の現状と今後の展望「韓国における外国人政策の現状と今後の展望」、「【EU】 高資 格外国人労働者に魅力的な指令の制 定」、「スウェーデンの外国人政策と立法動向」、「【アメリカ】 アリゾナ州移民法と連邦移民政策の動向」(2010年)

 

国立国会図書館:調査資料
人口減少社会の外国人問題:PART2諸外国・地域における外国人問題」(2008年)

 

参議院「立法と調査」
2009年:「フランスの移民政策の現状と課題」「EUにおける共通移民政策の現状と課題

 

厚生労働省「海外情勢報告2008~2009:特集 諸外国における外国人労働者対策」(2010年)

 

内閣府経済社会総合研究所「英独仏における外国人問題への取り組み及びその課題に関する調査研究」(2007年)

 

国際経済交流財団「外国人労働者問題に係る各国の政策・実態調査研究事業報告書」(2005年)

 

日本における外国の移民政策研究者(オンラインで論文が読める研究者、敬称略)

 

佐藤成基(法政大学)、安達智史(東北大学)

 

外国における移民政策研究者

 

Christian Joppke (University of Bern, Germany), Will Kymlicka (Queen's University, Canada), Randall Hansen (University of Toronto, Canada), Rinus Penninx (University of Amsterdam, Netherlands)

 

Christian Joppke, "The Role of the State in Cultural Integration: Trends, Challenges and Ways Ahead," 2012
Will Kymlicka, "Multiculturalism: Success, Failure and the Future," 2012
Randall Hansen, "The Centrality of Employment in Immigrant Integration in Europe," 2012

 

*移民政策に関する国際学会

 

International Metropolis Project, Ottawa and Amsterdam.