• 多文化共生社会の構想
  • 外国の移民政策
  • 研究活動
  • プロフィール

欧州

ヨーロッパでは、英独仏といった大国だけでなく、他の西欧諸国も移民の受け入れが進んでいます。その中でも、オランダとスウェーデンは戦後から移民の受け入れが進み、多文化主義政策を進め、欧州の移民受け入れのモデル的存在でした。2000年代以降、オランダは同化主義的傾向を強め、欧州全体の動向をリードしているともいえます。一方、スウェーデンは現在も移民に寛容な国として知られています。

 

戦後に旧植民地出身者と出稼ぎ労働者の受け入れが進んだ国:イギリス、フランス、オランダ、ベルギー
戦後に出稼ぎ労働者の受け入れが進んだ国:ドイツ、スウェーデン、オーストリア、スイス、ルクセンブルグ

1990年代以降に外国人労働者の受け入れが進んだ国:イタリア、スペイン、ポルトガル、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、ギリシャ

 

EUDO Citizenship Indicators

 

Electronic Immigration Network: the UK's largest provider of information on immigration and refugee law online, established in 1998.

 

Multicultural Policies and Modes of Citizenship in European Cities: coordinated by the Institute of Migration and Ethnic Studies at the University of Amsterdam, sponsored by UNESCO. (1998-2002)