• 多文化共生社会の構想
  • 外国の移民政策
  • 研究活動
  • プロフィール

豪州

オーストラリアは多文化主義政策を採用している代表的な移民国家として知られる国で、オーストラリアの人口2100万人の27%が外国生まれです。

 

オーストラリアは連邦制国家であるため、実際には州政府の政策が大きな意味を持ちます。州政府と日本の都道府県を比べると、州政府のほうがはるかに大きな権限を持っています。そうした中、多文化主義政策に積極的なのが、シドニーを州都とするニューサウスウェールズ州(NSW)とメルボルンを州都とするビクトリア州です。

 

カナダと違って、オーストラリアには多文化主義法がありません。しかし、NSWとビクトリア州には多文化主義法があります。NSWは2000年に Community Relations Commission and Principles of Multiculturalism Act を、ビクトリア州は2004年に Multicultural Victoria Act を制定しました。ビクトリア州は2011年に Multicultural ?Victoria Act 2011 を制定しました。